気が付けば半世紀
早いもので、Pandaが来てから1年半近くですでに2万km近くを走行してしまった。
しばらく前に掃除した純正のエアフィルターも黒ずんできたので、洗えば繰り返し使えるK&Nに交換しておこう。

(上左)海外から購入すると日本国内の半額以下で手に入るので、浮いた差額でこれも半額以下で手に入るオスラムのオパールと、段々暗くなってきたサイドマーカーのバルブも同時に購入した。

(上右)Panda 100HP用のパワーフィルターシステムもまだ手に入るが、純正のエアボックスも容量は十分な大きさだと思うのでそのままフィルターだけを取り替えた。

(下左)マルチリフレクターだと反射が綺麗に光る、オスラムのオパール。もちろん点灯するとアンバー。
以前乗ってたLupo GTIの標準バルブだったが、日本で買うと嘘みたいに高い(笑)
まあそれでも普通のバルブに比べると十分に高いけど。。。

(下右)リアも交換したが、ヘッドライトほどには反射しないのでブルーの色だけが目立つ。
これはこれで変わってて面白いか。

今までほとんど気にしていなかったが、フィルター交換後はアイドリングが一気に静かになったので、エアフィルターもだいぶ目詰まりしていたのだろう。。。
これで燃費も伸びるといいな。

関連記事
ここのところは仕事に追われてあまり乗る時間もないが、たまに乗るとファイナルの低さが気になるので、やっぱり41Tに交換する事にした。

(上左)DIDのFJジョイントはチェーンをカットしなくても外せるので助かる。

(上右)交換するのはドリヴンのドリヴン(笑)。
もはやS4に使える物で41Tを販売しているパーツメーカーもほとんどなく。。。

重量は、AFAM製の1050gに対して半分以下の330gしかない。

(下左)前に換えたAFAM製の43Tと重ねると、少し小さい程度。
これくらいではあんまり変化が無いのではと思うが。。。

(下右)少し小さくなった分、チェーンの長さも適正になった。

雨が落ちそうだったので大した距離は走っていないが、若干低いなと感じていたギア比もちょうど良くなり、シフトアップ・ダウンが自然な感じ。
特に、巡航速度からの追い越しが3rdだけで行けるので乗りやすい。

街乗りだけなら43Tもアリだと思うが、自分の行動範囲だとこれでピッタリだと感じた。

※せっかくタイヤを換えたばかりのCTだが、エンジン内部からの異音で停止中。。。

関連記事
後輪にかなりの割合で加重がかかってるCTでは、前輪の消耗は少なく長持ちするので5年ぶりのフロントタイヤ交換。
ではさっそくと後輪と同じユニバーサルを買ってきて比べてみたら、一昨年交換した時に思った通り、このタイヤは若干減るのが早いようである、走行距離は5000kmくらい。。。
・・・けっこう減ってるな、この調子だとたぶん今年中に後輪も交換しなくちゃならないか・・・
それも面倒なので、後輪に新品タイヤを使って、取り外したタイヤを前輪に使うことにした。

(上左)半分くらい減って違うタイヤのように見えるが、中央のブロックが繋がっているだけでまだプラットフォームは出てなくしばらくは使えるだろう。

(上右)溝は若干残ってるけど、サイドのひび割れが酷いM62。

考えてみれば、このタイヤで色んな所に行ったなあ。距離にするとたぶん10000km以上走ってると思う。
そりゃひび割れもするわ(笑)

(下左)今まで使ってきたM62は2.50サイズなので、2.75のユニバーサルと比べて径が数センチ小さくて幅も一回り細い。

(下右)若干、前輪が太くなったので力強い感じになったが、CTにとってはこれが標準。
タイヤ中央部の摩耗も、横から見るとほとんど気にならない。

前輪は太く、後輪は新品になったのでサイドスタンドの角度が一気に増した(本来はこんなに傾いてたのか 笑)
次はもっと減らないタイヤを調べておこうかな。

関連記事
なかなか走行距離も伸びないFoggyのオイル交換は、年に一度がすっかり定着してしまった。。。
まあ実際にそれで何の問題もないのだから、今年の交換を済ませておこう。
(上左)オイルフィルターを交換するには、アンダーカウルを外さなければならない。
内側に埃や泥汚れが溜まりやすい形状なので、洗い流すにもちょうど良い機会だ。

(上右)黒ずんではいるが、大した距離を走っていないのでまだサラサラしているモービル1。
画像はないが、引き続き定番のK&Nフィルターに交換した。

(下左)今回使うのは、日本で発売されている物より若干安く買える、本国輸入品のシェルアドバンスウルトラの15w-50。
DUCATIの指定オイルでもあるが、自分で使うのは始めてである。輸入品ならモービル1+3000円程度で買える。

(下右)色はかなり薄く、サラダ油並み(笑)
フィルターも交換すると4Lピッタリで使い切れる。

まだ近所をナラシ程度に乗っただけなので、今までとの違いはほとんど感じない。。。
ギアの入りが少し良くなったかな・・・まあ気のせいレベルだけど(笑)

関連記事
取り付ける物は買いそろえてあったのだが、なかなか時間が取れず延び延びになってしまった。。。
しかしまあ、その気になればこんなものは(とっととやれ 笑)
(上左)汎用品のバックフォグはたくさんあるのだが、普通にバンパーに埋め込んでみても面白くないので、マフラーのテールエンドと同サイズのマフラーカッターを加工して中に入れてみよう。

(上右)PANDAの純正形状に合わせて楕円径に、そして取付穴にフォグの取付ステーを固定した。
LEDユニットに問題が出ても、ネジ1個外せば中身だけ引き出せる。

(下左)左側のマフラーと対称の位置に取り付けるため、バンパーの下側をカット。これで保安基準の最低地上高250mmを確保できる。

(下右)室内で点灯したときはもう少し明るく感じたが、スポットライト的な配光なので中心より少しずれた位置から見ると思ったよりも暗い感じ。。。
頻繁に使う物でもないので気にすんな(笑)。

もちろんこの位置に取付たということは、見た目だけでもデュアルマフラー風を想定していたのだが、自然な感じに収まりすぎてぜんぜんデュアルに見えないという(笑)
これで一応、バックフォグは復活したのでよしとしよう。

関連記事

«  | HOME | 

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター