気が付けば半世紀
夏から放置してたCT、異音の原因らしきギア欠けを見つけて交換。
はたしてそれだけで異音が消えるのか・・・
(上左)本題に取り掛かる前に、左側クランクケースのガスケットを交換しておいた。

(上右)すでにクラッチユニットを取り外して、プライマリードリヴンを交換するだけの状態。ついでに周辺パーツも点検、特に摩耗した部分や傷は見当たらず年式の割には綺麗なものだ。
右下に見える横長の板みたいな物がオイルストレーナー、他車種で余ったオイルを度々交換してるので、全然ゴミも無くて綺麗なものだ。

(下左)右が欠けたドリヴン。たまにギア抜けした時に、回転落ちを待たずに『ガチャッ!』とギアを入れたりするのが原因なんだろうな。。。
こちら側のガスケットももちろん交換、組み上げたらクラッチを調整しておいた。

そしてオイルを入れてそろそろ動かしてみると、嘘みたいに異音が消えていた。

(下右)新品ギアなので、ナラシを兼ねてのんびり試走。各ギアの入りが新車みたいに渋い・・・が、ギア抜け気味だった2ndがカッチリと入るようになった。そして乗ってるうちにギアの入りもスムーズになってきたので、そのうち元の状態になるだろう。

よし、バイクシーズン真っ盛りだし仕事は最盛期を乗り越えてだんだん時間も取れるようになったし、どこか美味い物でも食べに行きたいな。

関連記事
忙しさにかまけて、すっかり放置していたCTだが、寒くなる前に解決しておかないとますます腰が重くなる(笑)

症状としては、シート下付近のクランクケースから『コン、コン、コン、、、』と音が出る。。。
しかし、ニュートラに入れて坂を下る時には全く音がしない。
ギアを入れて走り出すと、かすかな振動と共に小さな音が聞こえてくる。。。
これはギア付近か、はたまたクラッチ辺りか・・・とりあえず開けてみないことには何もわからず。

(上左)駆動系と言う事ならFスプロケ辺りに何か詰まってるのかな?と、目星を付けて分解してみた。

(上右)スプロケ付近の汚れの量に引きつつ(笑)一通りチェックしてみるも・・・特に異常は見つからない。
左クランクケースと副変速機のガスケットが無駄になる(笑)

やっぱり、ニュートラで走ってる時は何の音もしないのだから、これはひょっとしてミッションかな?
そうなるとけっこう大事になるが、引き続き右側を開けてみよう。

(下左)直立させてると腰が死ぬので(笑)下回りのパーツを取り外してオイルを抜いたら、横倒しにして作業を進める。

(下右)中を覗くも特に折れたバネやシャフトの残骸は見つからず綺麗なものだ。
それではクラッチを外していこうか・・・と、ネジを取りやすいように回してみると・・・
あ!これ、プライマリードリヴンのギアが欠けているではないか。

他に不具合があるような箇所は見当たらないので、たぶんこれが原因だろうと思うけど、パーツを取り換えてみないと何とも言えないかな。。。

続く

関連記事
早いもので、Pandaが来てから1年半近くですでに2万km近くを走行してしまった。
しばらく前に掃除した純正のエアフィルターも黒ずんできたので、洗えば繰り返し使えるK&Nに交換しておこう。

(上左)海外から購入すると日本国内の半額以下で手に入るので、浮いた差額でこれも半額以下で手に入るオスラムのオパールと、段々暗くなってきたサイドマーカーのバルブも同時に購入した。

(上右)Panda 100HP用のパワーフィルターシステムもまだ手に入るが、純正のエアボックスも容量は十分な大きさだと思うのでそのままフィルターだけを取り替えた。

(下左)マルチリフレクターだと反射が綺麗に光る、オスラムのオパール。もちろん点灯するとアンバー。
以前乗ってたLupo GTIの標準バルブだったが、日本で買うと嘘みたいに高い(笑)
でもまあ安く買ったと言っても普通のバルブに比べると十分に高いけど。。。

(下右)リアも交換したが、ヘッドライトほどには反射しないのでブルーの色だけが目立つ。
これはこれで変わってて面白いか。

今までほとんど気にしていなかったが、フィルター交換後はアイドリングが一気に静かになったので、エアフィルターもだいぶ目詰まりしていたのだろう。。。
これで燃費も伸びるといいな。

関連記事
ここのところは仕事に追われてあまり乗る時間もないが、たまに乗るとファイナルの低さが気になるので、やっぱり41Tに交換する事にした。

(上左)DIDのFJジョイントはチェーンをカットしなくても外せるので助かる。

(上右)交換するのはドリヴンのドリヴン(笑)。
もはやS4に使える物で41Tを販売しているパーツメーカーもほとんどなく。。。

重量は、AFAM製の1050gに対して半分以下の330gしかない。

(下左)前に換えたAFAM製の43Tと重ねると、少し小さい程度。
これくらいではあんまり変化が無いのではと思うが。。。

(下右)少し小さくなった分、チェーンの長さも適正になった。

雨が落ちそうだったので大した距離は走っていないが、若干低いなと感じていたギア比もちょうど良くなり、シフトアップ・ダウンが自然な感じ。
特に、巡航速度からの追い越しが3rdだけで行けるので乗りやすい。

街乗りだけなら43Tもアリだと思うが、自分の行動範囲だとこれでピッタリだと感じた。

※せっかくタイヤを換えたばかりのCTだが、エンジン内部からの異音で停止中。。。

関連記事
後輪にかなりの割合で加重がかかってるCTでは、前輪の消耗は少なく長持ちするので5年ぶりのフロントタイヤ交換。
ではさっそくと後輪と同じユニバーサルを買ってきて比べてみたら、一昨年交換した時に思った通り、このタイヤは若干減るのが早いようである、走行距離は5000kmくらい。。。
・・・けっこう減ってるな、この調子だとたぶん今年中に後輪も交換しなくちゃならないか・・・
それも面倒なので、後輪に新品タイヤを使って、取り外したタイヤを前輪に使うことにした。

(上左)半分くらい減って違うタイヤのように見えるが、中央のブロックが繋がっているだけでまだプラットフォームは出てなくしばらくは使えるだろう。

(上右)溝は若干残ってるけど、サイドのひび割れが酷いM62。

考えてみれば、このタイヤで色んな所に行ったなあ。距離にするとたぶん10000km以上走ってると思う。
そりゃひび割れもするわ(笑)

(下左)今まで使ってきたM62は2.50サイズなので、2.75のユニバーサルと比べて径が数センチ小さくて幅も一回り細い。

(下右)若干、前輪が太くなったので力強い感じになったが、CTにとってはこれが標準。
タイヤ中央部の摩耗も、横から見るとほとんど気にならない。

前輪は太く、後輪は新品になったのでサイドスタンドの角度が一気に増した(本来はこんなに傾いてたのか 笑)
次はもっと減らないタイヤを調べておこうかな。

関連記事

«  | HOME | 

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター