気が付けば半世紀 大牟田市・三井三池炭鉱・宮原抗跡(国指定重要文化財)
2012
05
09

大牟田市・三井三池炭鉱・宮原抗跡(国指定重要文化財)

戦国時代あたりに発見され、江戸時代より本格的な採掘が始まりその後は近代の経済成長を支え続けて十数年前に閉山された日本を代表する炭鉱。
需要が増すごとに福岡県・熊本県にまたがった周辺市町村を築き上げ、広大な敷地周辺には専用の鉄道や積み出し港や発電所まである。
遊園地に競馬場や温泉と、炭鉱を支えた人々の娯楽施設や、いくつもの病院や学校は今でも周辺にあり、ここ宮原抗跡は残された物のうちのほんの一部。

この手の施設に付きものの寂しさをあまり感じないのは、巨大な化学プラントや大型機械製作所は現在も稼働しているからだろう。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター