気が付けば半世紀 宇城市・三角西港(国指定重要文化財)
--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
06
22

宇城市・三角西港(国指定重要文化財)

およそ100年前、明治政府の直轄事業として開港された三大築港の一つ。

開港後は主要貿易港として大型倉庫や西洋館が建ち並び、小泉八雲を始め様々な文化人も訪れるほど賑やかな場所だったらしい。

その後、数キロ先にある東港へ鉄道が開通した影響で主要施設がそちらへ移され、西港はだんだんと廃れていった。

しかし現在では放置された事が幸いしたのか、明治の石積埠頭や石積水路や石橋が当時のままの姿(一部復元)で保存されるただ一つの港となった。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。