気が付けば半世紀 いつもの試走(ふらっと行ったので画像がない)
--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
07
24

いつもの試走(ふらっと行ったので画像がない)

天気も良く、時間もできたのでいつもの試走コースを走ってきました。

例の登坂テストと言うか毎回登坂力の確認をする坂を、42Tのドリブンを使っていた頃と同じ
65km/hから更に少し67km/hくらいまで加速しながら登って行くことが確認できました。
※ちなみに、まだキャブその他がノーマルの頃はどうあがいてもメーター読みで55km/h程度...
 現在はサイコンで計測しています。

しかしエンジンの調子は良いが、最高速が5km/h以上遅くなってる・・・
こっちでは梅雨が明けて急に気温が上がったことでセッティングが変わっているのかもしれないから
そのうち真夏の気温に合わせて調整してみよう。
これで、寒い時期から真夏までおおよそのデータが出揃うかな。

全般的な感想としては、パワーカーブが落ち着いてスムーズになった影響で乗りやすくなり
今まで最高回転あたりでは若干破裂音的な音を出して無理矢理回っているような排気音も
ずいぶん大人しくなった。特に走り出しから中速あたりまで、アクセルを
あまり開けずに走ってる限りではノーマルの頃の音量とさほど変わらない。

低価格のワンウェイバルブでこれぐらいの効果があるって事は、専用の内圧コントロールバルブを
使うとどうなるのだろうかと、また財布の中身を気にする問題が・・・(笑)


◎追伸:後日セッティングしてみました。
結果的には大した変化はなく、スピードが落ちた原因はブローバイを直接吸い込むようにしたので
量が多い時には速度が落ちることが判明。。。インテーク接続を外すとスピードが落ちない。
よーするに少しずつ速くなったり遅くなったりしててメーターを見た時にはたまたま遅かっただけ。

加速の途中ではブローバイの量の変化は分からない。
(多い時にはちょっとエンジンがグズついてるような感じはするけど、気のせいレベル 笑)
多い時と少ない時の差はそんなにないのだろう。

しかし元々パワーの少ない小排気量車では、その少しの差が速度の差として現れるが
速度が落ちた時でも90km/h近くは出るので現実的には何の問題もない。

一応夏に合わせて、MJ:85 PJ:27.5 MJN:4段目 AS:2回転としてみました。
スローはもう一つ落としてもいいくらいだけど、プラグもそんなに煤けてないし
調子が良ければ余計なことはしないほうがいいかと。。。

内圧コントロールをしてからは余計な抵抗も減って、とにかく軽く回ってる感じ。
それともう一つ、エンジン始動後に暖機をしなくてもノーマルの時みたいにすぐに走り出せるようになった。
(いやそれでも面倒くさがらずちゃんと暖気しろ 笑)

Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。