気が付けば半世紀 クールカスタム☆メッシュシート
2012
08
03

クールカスタム☆メッシュシート

夏の強い日差しの元で数十分くらい駐車すると、シートはかなり熱くなる。ちょっとした用事なら薄手のズボンやジーンズのまま乗って行くので、うっかり腰を下ろすとビックリするほど熱くて汗ばんでしまうことがある。

myCTは、前オーナーが北米仕様シートに交換されてたのでそのまま乗ってきたけど、いつか自分で別のシートを作ってみようかと思って中古品を見つけておいた(左上 これは豪州仕様のシート)。

そろそろ取りかかろうかと考えて夏向きに使えそうなシートの素材をネットで探していたら、開発中のメッシュシートのモニターを全国から10名ほど募集している会社を見つけたから、何気なく申し込んでおいたら・・・なんと!クジ運の悪さには昔から定評のある自分がラッキーにも選ばれてしまった(いや正確にはCTが選ばれた 笑)。

(上右)デザインやカラーを相談して張り替え用のシートを送り完成したシート。表面のメッシュ素材は、ラフ&ロードから販売されているミネルヴァのメッシュシートカバー。それをバイクシートの張り替えやカスタムを製作しているマルナオが自社製のシート表皮と組み合わせる、いわゆるコラボ商品と言うわけだ。

今はまだ開発中だからメッシュシートのオーダーは受け付けていないが、このメッシュシートカバー自体は以前から販売されているので、同じようなメッシュシートを作ろうと思えば自分で張ってしまえばできないこともない。しかし、表皮に直接縫い込んであるこの一体感を出すためには、やはり同じように縫い込むしかないんじゃないかな。左右対称に整然と並んだメッシュのラインや、周辺のステッチまで綺麗に仕上げられた職人の技術が見事だ。

(下左)3D立体メッシュてどんな物かと思っていたけど、ハニカム構造で思ったより厚みがあるしっかりしたメッシュだった。ここを風が通り抜けるから、シートその物は熱くなっていてもメッシュの表面は座ると涼しい。ざらざらとした手触りだけど、3Dメッシュ自体がたわんでクッションにもなる構造なので座り心地も良くなる。

もうこのまま商品化してもいいんじゃないの?と思うくらいの完成度だが、商品として販売するためにはもっと色んな情報を集めて検討するのだろう。今のところ唯一の不満と言えば、開発中の試作品なのでメーカー名も商品タグも何もなくてちょっと寂しい。。。せっかくだからそのうち自分でメーカーロゴを入れてしまおう(それくらいいいでしょマルナオさん 笑)。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター