気が付けば半世紀 タイヤがない!のでカーボン化☆エアクリケース編
2012
10
06

タイヤがない!のでカーボン化☆エアクリケース編

交換時期が近付いた後輪タイヤを発注してみたら・・・在庫がない・・・アチコチのショップを探してもらっても、元々が2.75-17なんてサイズを使っている車種自体が少ないのだから仕方がないのかもしれないが、日本ミシュランにもM62の在庫は無くて次の入荷が10月の終わりだと。。。前輪を買った時に後輪も買っておけばよかったが、ボーッと待っててもつまらないしいずれはやることになるんだから、寒くなる前に残りのカーボン化もやっておくことにした。

手順は今までとほぼ同じ、エアクリーナーケースはバッテリー側と同じくカバー式にして赤仕様に戻す時にはすぐに取り外せるように、そしてケース後半部には直接貼り付けていこう。

エアクリ1(上左)慣れ親しんだ赤いエアクリーナー。ここを黒くするのも、やっぱり違和感を感じるのではないかと少し不安がよぎる。。。

(上右)前回と同じ、マスキングから離型テープ。FRPで回りをぐるっと取り囲こむと、脱着が面倒になりそうだから見える範囲だけのカバーにする。

(下左)プラ成形での継ぎ目や金型の出っ張りを、滑らかに仕上がるように削っておいた。

(下右)ここは上に被せるだけだから、たいした強度もいらないので1プライで軽く。

何だかんだ言ってても作業に入るとつい没頭してしまい、ここまであっという間にできてしまった(笑)
しかし手間がかかるのはこれから・・・

エアクリ2(上左)今回は慎重に(笑)プライマーから黒塗り。そして十分な乾燥。

(上右)カーボンクロスを貼って、もうすでに表面の研磨まで終わった状態。実はここでちょっとしたミスをやらかしてる(この画像で分かるかな・・・)

(下左)バッテリー側と同じように、抜き文字でラベルを貼ってクリア仕上げ。こーやって重ねて使うのだね。ここまで寄ると”110”の赤文字も実はカーボンシートを使ってるのが見える。

(下右)センターカバーから繋がる自然な感じにちょっと安心した。バッテリー側は離れてるから最初に違和感が強かったのだろう・・・こっちから先にやればよかった・・・昔のCT90にはグレーに塗られた2トーンも存在したのだから、ここの色が変わっても違和感はそれほど極端には感じないのだろうか。

バッテリー側は失敗したまんまだけど、マフラーの内側にあるので顔を近付けて見ないと気付かないし、そのうち本格的に寒くなって遠出するのも面倒になってきたら作り直すことにしよう。CTのカバー類は全て新品で揃えても一万でおつりが来る程度だから、ついでにまとめて買ってしまっててもいいな。

※上に書いたちょっとしたミスの正体は!? 画像置き場を見ると分かるかも。。。

お尻がスースー涼しい(夜は寒い 笑)メッシュシートも、モニター期間が終わる11月まで交換できないし
今のうちに新しいバックレストを作っておくか。
そして、ヨシムラの新型キャブがいよいよ発売になったらしいが・・・。

Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター