気が付けば半世紀 シート☆考
--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
01
24

シート☆考

たとえば自動車を運転する時には誰でも・・・シートやハンドルの位置や角度を合わせ、ミラー類を見やすいように合わせ、ベルトがフィットするよう合わせ、更にできるならペダルや座面サポートも・・・と、可能ならばありとあらゆる装備を自分の体に合わせて調整する。

もちろんそれは体をシートに固定される自動車で、運転をやりやすくするのと同時に安全面でも重要な事なので、調整するのが当たり前と誰も疑問に思わない。免許取り立ての初心者からお年寄り、職業ドライバーから男女を問わずプロのレーサーまでみんな最初にやることだろう。

ところが、これがバイクになると皆がそうしているとは限らない。。。簡単に動かせるミラーやレバーやペダル類は調整していても、ハンドルやステップの変更からシート高まで自分に合わせて調整する人はそれほど多くないのが現状である。

市販のバイクは万人がある程度は快適に安全に運転できるように開発されているので、何も手を入れなくてもそのまま自然に乗ってる人だって大勢いるし、最初は少しくらい違和感を感じていても自分なりのポジションを見つけ、乗ってるうちに段々と慣れてくるって事もある。

簡単に言えば、自分で乗りにくいとか違和感を強く感じているなら身体に合わせて調整してしまえばいいのだ。
そして当然のように、平均身長以下および短足系に属する自分は調整するグループに入るのだ(自己弁護すると、昔は平均身長くらいだったのだけど全体の平均が上がってしまったので2cmくらい足りなくなってしまった 笑)。

シートFoggyのシートはノーマルのS4と同じ形状だが、デザインや素材が変えられていて、しかもいらんことに(笑)滑りやすい。。。前席の赤い部分はソファーに使ってそうな少し厚めの生地で、残りの黒いカーボン調の生地は薄く模様が入っただけのツルンとした感じの物。革パンや滑りにくい生地を使ってるライディングパンツならまあなんとか、目の細かいパンツや防風ジーンズだとグイッとアクセルと開けた途端にズルズル・・・。

シートと言えばモチのロンと丸直さんへ見積もりを出してみたら、思ったよりリーズナブルな返事が返ってきたので張り替えに出すことにした。しかし特別製のFoggyのシートをそのまま改造する度胸はさすがにないので、表皮に塗料が付いているだけで中身はしっかりしてるS4Rの物を安値で見つけてきた。

このシート、画像では後席前くらいに白い線が見えるだけだけど実際にはアチコチについてる・・・その辺に転がしたまんま何かの塗装をしたのだろう・・・大事にしておけば倍ぐらいの値で売れたろうに(いやそのおかげでコッチは助かったではないか 笑)。

バイクの整備は長年やってて慣れてはいても、シートの事になるとせいぜいアンコ抜きや表皮を張り替えたくらいの経験で素人同然。。。作業内容はプロに任せた方が間違いはないと思うから、見積もり時に思い付く限りの色々わがままな(ごめんなさい 笑)注文も出してみた。

そして丸直さんからは、可能なことは可能、できないことはできないとハッキリ一つ一つの要望に答えが返ってくるあたりに、プロとしての自信や誠実さが垣間見える。

最近はこれがなかなかできない企業も多くなった・・・できるかどうかもわからないのに『やります!』たまたまできたら『できました!』と大騒ぎ。そして失敗したら知らん顔・・・追求されても、申し訳ありませんでしたと謝る前に、のらりくらりと逃げ口上・・・これじゃ信用なんていつまでもたっても築けない。。。

いかんいかん、酔っ払って愚痴っぽくなってる(笑)こんな日は風呂に入って早く寝よう。
それでは、シートの夢を見ながらおやすみなさい。

Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。