気が付けば半世紀 カスタム?☆シート
2013
01
29

カスタム?☆シート

注文した内容を具体的に並べると、アンコ抜きで前席の着座位置全体をそのまま1cm掘り下げ、そして前から3分の1まではかまぼこ状に丸く削ってもらい、それ以降は尻圧がなるべく広い範囲に分散するよう両角に揃えて水平に削る・・・つまり真ん中付近では2cm程度下がることになる。それと中央部が盛り上がってお尻が落ち着かない後席も、なるだけ水平になるよう削ってしまう。

前席の表皮は滑り止めシートに使われてるようなギザギザしたパターンで、それ以外はカーボン風。そして前席のまわりに赤い糸でステッチを入れる。実は最初、丸直さんで用意されているカーボン柄の表皮を選んで発注していたのだが、途中でサンプルを見てるうちに大型バイクではちょっと大人しすぎるのではないか?と思い直して(特にカーボンパーツだらけのFoggyではノーマルシートのカーボン柄でも目立たない)少し目の荒いメッシュの柄に変更してもらった。(だから正確にはカーボン柄ではないけどカーボンだと言い張る 笑)

marunao seat(上左)色や形が若干違うがデザインが同じなのでカスタム感はあまり無く、知らない人にはノーマルに見えるだろう。そこは見た目より機能で。

(上右)拡大すると表皮のパターンがよく分かる。ちなみに赤いステッチは注文書には無いけど、頼んでみたらやってくれた。(シートによってできないのもあるとのことである)

(下左)並べて・・・一番右のはDP製のコンフォートシート(のボロい中古品 笑)CTで気に入ってしまったメッシュシート加工に出そうと思ってこれはかなり前に見つけた、表皮は張り替えるから問題ない。

ノーマルシートと同じ形状だと思ってたコンフォートは実は前席が少しアンコ抜きされて角が丸く削られていたので、今回いろいろ試せて参考になった。ゲルザブ加工も考えたが、モンスターのシートでは幅が足りず加工しても貼り付けた部分が表面に浮き出てしまうと返事がきたので今回は見送った。本当に必要かどうかは、まだこれから走り回ってから考えればいい。

(下右)色々やってたら夕方になってしまったので、近所を軽く試走。。。シートが滑らないだけでこんなにリラックスして乗れるのかと。今までアクセルを開ける度にニーグリップを強く意識していたが、これなら軽く力を入れるだけでいい。シートの高さも思ってた通り、ハンドルとの兼ね合いも自分にピッタリ。形状も大きく変えてはいないので、乗り心地も問題なく、ほんの少しだが足つきも良くなった。(短足でも両足親指の付け根くらいは届く(笑)大昔乗ってたCR250の殺人的なシート高に比べりゃ・・・)

今回はS4のシートをFoggyのデザインで依頼したので型紙の費用が別にかかったけど、それでもトータルではDP製のコンフォートよりも安価に、色々参考にして発注したからか(新品の状態は知らないが)作りもDP製よりも良くできたと思う。そしてさらに今はキャンペーン中で2000円の割引期間!(ステマか 笑)。

移動式のステップで色々試しながら高い位置にしていたが、交換後は水平の前位置が一番具合が良かった。
ただし、ノーマルでもシフトとステップの間が狭いのに更に2cmほど前に出るので、最近と言うか一昨年から気に入ってよく履いてる厚底のタフギアはもちろん、他のライディングシューズもキツキツでギュッと足先を押し込まないといけない。。。細身のブーツならなんとかなるけど、もうあまりブーツは使わなくなってるしここは何とか考えねば。。。


追伸:最近はFoggyの事ばっかり書くから、CTにはあんまり乗ってないんじゃないか?と聞かれることもあるけど、前にも書いた通り日常生活の中ではすでに実用車になってるから最低でも3日に1度くらいのペースで乗ってます。(買い物行ったとかネジやオイル変えたとか小さな事まで逐一書かないから(笑)と言うか、やってることの3分の2くらいまでしか書いてないと思う)

Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター