気が付けば半世紀 Fフォーク☆ダストカバー
--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
05
12

Fフォーク☆ダストカバー

昨年交換したCL50用Fフォークのアウターチューブ上部にはダストカバーが無く、標準ではそのままラバーブーツを取り付けるようになっている。一見すると同じように見えるCTのラバーブーツや周辺パーツとは別物で、しかもブーツだけで結構いい値段がする。。。ので、CTのラバーブーツに少し手を加えてそのまま取り付けていたけど、CTのFフォークではここにスプリングが入っているのでブーツ下部横の数ヶ所に穴が開けられているから(CLのには穴がない)そのうちダストカバーを付けてやろうと思いながらも・・・パーツを買ってからすでに半年以上が(笑)。

ダストシール(上左)時々は確認していたが、そろそろ綺麗にしないとだいぶホコリがたまってきた。

(上右)CTのフォークにもダストカバーは無いけど、アウタースプリングのガイドがあって内部にはホコリが入りにくくなっているのでそのガイドを一応取り付けていたが、やはりスプリングがないと隙間が大きくなるからホコリが段々とたまっていく状態に。。。

(下左)ホンダ小型車のダストカバーを調べてみると、太さ27mmから30mmくらいは共通のカバーが使われているらしいけど、せっかくだから同じ太さのドリーム50のカバーを取り付けた。もちろんピッタリ、これでしばらくは安心だろう。しかし考えてみたら、ダストカバーの上からブーツカバーが被るという変な状態だが気にするな(笑)。

(下右)フロントをばらしたついでにグリスアップやらスポークやら各部を調整・清掃して、バイザーも夏に向けて小型のに交換しておいた。綺麗になってFフォークの動きも気持ちよくなった気がする。

すっかり気候もいいしメッシュシートも取り付けようと思ったけど、急な雨でメッシュ下に水が溜まると完全に拭き取れずちょっと面倒な時もあるので、梅雨が明けるまではこのままで行こう。

Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。