気が付けば半世紀 小型バイクで行く、とびしま・しまなみ海道:2日目
--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
06
06

小型バイクで行く、とびしま・しまなみ海道:2日目

今日が本命の海道旅、天気は昨日と同じ薄曇りながらもちょうどいい気温ですごしやすい。

2泊3日の予定では行動範囲も限られるので広島から尾道へただ走り、そしていよいよしまなみへ・・・しかし色々と調べるうちにフェリーを乗り継げばとびしま海道へのルートも可能だと気付いたので、時間的には少々詰まったスケジュールになってもこの機会を逃さず行くことにした。

(上左)通行量は多かったけど流れが順調なので思ってたより早く呉まで到着。そして、てつのくじら館へ。潜水艦のメカニズムには興味津々だが、軍事的な話にはあんまり興味がないので史料館までは見なくてもいいくらいに思っていたら・・・あまりの充実ぶりにじっくりと見学することに(笑)。特に掃海艇を再現した2階はもう目が釘付け、機関砲や自動航行式の機雷回収潜水艇やら各国の機雷やら何でもあり。元自衛官の学芸員さん?(何と呼べばいいのかな)と色々と話し込んでるうちに聞いた裏話も楽しかった。そして極めつけは、表に展示されてる本物の潜水艦内部を見学できること!(行くまで知らなかったと言う 笑)こんな施設が無料でいいのか?と思うくらいだけど、本命はまだこれからなので後ろ髪を引かれる思いで出発した。

2日目:広島~呉~とびしま海道(上右)とびしま海道1号橋の安芸灘大橋を渡るも、鉄のくじらでテンションが跳ね上がってしまったので、何だか思っていたような感動が薄い・・・。

(下左)それでも島内を走り回ってるうちに段々とツーリング気分も戻ってきて、やっぱり来て良かったと2号橋・蒲刈大橋の下へ回り込んでみた。1号橋の安芸灘大橋の通行料だけを払えば、残りの橋は全て無料。

(下右)しかし、鉄のくじらで時間を使いすぎたので4号橋の豊浜大橋で時間切れ・・・このあと予定してた御手洗地区の見学もできなくなり仕方なくフェリー乗り場へ・・・乗り継ぎの関係で、この便に乗らないと今夜の宿泊地・松山への到着時間が大幅に遅れてしまう。でもまた来ればいいさ。(いつになるのか 笑)

2日目:とびしま海道~しまなみ海道(上左)大崎下島から上島へ渡り、次の木江港は・・・と探してみるも何だかわかりにくいけど、小さなターミナルで聞いたらここで間違いないと・・・さっきの小長港でも地名は大長だったり、すぐ隣の桟橋が大長港だったりと慣れてる人はいいのかもしれんが(笑)。

(上右)ここでは50分くらいの余裕があるので木江の古い町並みを見物・・・少し歩き回ってみたけど、最近の家やら不自然に大きい警察署やその他の鉄筋の建物が混在していて思ってた感じじゃないな・・・少し離れた有名な木造5階建ての家を見に行くも、今でも住居として使われているので遠慮して一枚だけ撮影させてもらった。

(下左)フェリーで大三島へ。数々の国宝が展示されている大山祇神社へ参拝、国宝は一切が撮影禁止なので画像はないけど、長さ180cmの日本刀が印象に残った。佐々木小次郎の刀が約1mとかだったから、こんなのは誰が振り回せたのだろう。。。伝承用かな?。
追記:帰ってから調べたら、南北朝時代の大森彦七(楠木正成を討った武将)が奉納した大太刀だとわかりました。

(下右)予定を立ててた時に誰かのブログで見た、しまなみ造船所。ここへ来る予定は特になかったが、実は道を間違って入り込んだら偶然たどり着いたという(笑)。とてつもないデカさだけど、画像ではうまく伝わらないな。。。しかし建造中の大型船をこんな直前から見る事なんて滅多にないだろう。

2日目:しまなみ海道~道後温泉(上左)橋から直接下へ降りるスロープを使ってしか行けない、見近島の無料キャンプ場。今になって思うと写真を撮っておきながら、なぜ下まで降りてみなかったのかと・・・今度はテントを持って行くしかないな(笑)。

(上右)来島海峡大橋へ登る原付道のスロープは、もうほとんど遊園地のアトラクション(笑)。全長4kmあまりの橋は対向車もそこそこ走ってくるのでスピードは控えめに、渡りきるのに20分くらいの楽しい時間でした。

(下左)今治街道途中からのバイパスの流れが速くて予定よりだいぶ早く、まだ明るいうちに到着したから、一旦荷物を宿へ置いてからバイクで道後温泉へ・・・何も考えずにCTで行ったので、風呂上がりに入った寿司屋で「お飲み物は?」と聞かれて「生ビー・・・」と言いかけたところでハッと気付いて後悔した(笑)。予定ではタクシーで行くはずだったけど、ホテルのフロントで温泉本館の裏に駐輪場があるからと聞いて(確かに便利ではあったが)仕方がないのでお茶を飲んでた(健康的だね 笑)。

(下右)辺りが暗くなっていい雰囲気の道後温泉本館。イメージが伝わらないのは撮影者が全て悪い(笑)。

本日の走行距離:186km 島めぐりとフェリー移動が主体で走った距離は大したことなくかなり余裕

Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。