気が付けば半世紀 CT110☆DI化 その2 取付編
--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
09
03

CT110☆DI化 その2 取付編

もう3日ほど九州では雨が降り続いているが、また沖縄近海で台風が発生したことで天気が回復するのはいつの事やら・・・しかしイグニッションを外したままでエンジンが動かないと、雨の合間を見付けてちょっと近所に乗っていくことも出来ず、とりあえず軒下に持ってきて走れるようにだけはしておこう。

(左上1,2)ZETAのハンドルプロテクターをプラグ前面に合わせてみたらちょうど良いサイズと形だったから、アンダーガードの支柱と一緒に型を取って組み合わせ、少し残ってたカーボンクロスを貼り付けてまだこれから仕上げる途中。強度優先で3プライにしたので5mmくらいの厚さになり、これなら象が踏んでも壊れない(笑)。

direct ignition(上右)前オーナーが取り替えてたノロジーをイグニッションコイルにくくり付け、非常時に備えて元のタンク下に固定しておこう。ついでに配線も延長しておいたから、そこにCDI配線を差し替えればすぐに使える。

(下左)予定通り、DIカプラー配線をシリコンチューブに入れ、コイルには耐熱ウレタンを貼った上から鋼線で巻いて支柱に固定、これでかなりの衝撃でもビクともしないしプラグ点検時には手前に引き抜けば外れる。

(下右)ガードを取り付けて、小雨の中ちょっとだけテスト走行。ガードの張り出しは後ろのエキパイカバーくらいで黒い色だから、よく見ないと気付かない程度。クルクル回らないようにアンダーガードの下の方まで延ばしておいたが、幅はあと1cmくらい狭くてもよかったかな。

前回はほんのちょっと乗っただけでよく分からなかったが、速度を上げてみるとセッティングが明らかに薄い・・・エアーを1回転半くらい閉め込んでもまだ薄い感じ・・・イグニッションコイルを強化するとメインジェットを10番とか20番とかまで上げるのと同じ状態だな。えーと、MJはまだ10番くらい上まで手持ちにあったから何とかなるが、PJは一番大きいのを使ってるからもっと上まで揃えておこう。

まだセッティングが取れてない状態だけど、2ndで60km/h近く3thでは75km/h以上と伸びるようになってそこまで達するタイムも速くなってる(高回転型エンジンではないのである程度で抑えないと...)排気音も少し低音気味になり、それとアイドリングの安定性が今まで以上に良くなった。

これはセッティングを取るのが楽しみになってきた、なんと言ってもトヨタ製の格安バルブを使った内圧コントロールに匹敵するコストパフォーマンスってのがいい(笑)。

続く

Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。