気が付けば半世紀 ブラック☆オーリンズ
--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
09
06

ブラック☆オーリンズ

予報では6日あたりまで九州の西海上をウロウロするはずだった台風も、一昨日くらいに温帯低気圧になると一気に速度を上げてあっと言う間に九州を横断し、その日の午後には快晴の青空が・・・CTのキャブパーツが到着待ちの間、ちょうどオーリンズのオフセットカラーが届いたので組んでおこう。

(上左)またバラバラに・・・色々と考えてるうちに、本体とスプリングのガリ傷や塗装剥げがだんだんと気になりはじめ(またいらんことの予感が 笑)結局、傷隠しの塗装をすることにした。

ショップからオフセットカラーの説明を受けた時に
私「自分では2mmほど抜いておきたいので、標準が7mmだから油圧プリロードの位置は上から5mmにすればいいのですね?」と聞いてみると・・・
店「え?それではサスの長さがだいぶ変わってしまい○×○×・・・」(説明省略)

あれ??なんだか釈然としないやり取りだったが、パーツが届けばあとは自分でやるからいいや・・・と適当なところで挨拶して連絡を終わった。

(上右)直接比べてみたら、オフセットが7mmってのはリテーナーを装着してからの話で、パーツ単体では14mmのオフセットだったのだね。どーりで話がチグハグするわけだ(笑)商品の説明にも7mmのオフセットとしか書いてなかったから、てっきり単体で7mmなのだと思い込んでた(笑)まあいいけど。

(下左)最初はそのまま黄色に塗るはずだったが、元々90年代あたりからのドカの標準Rサスはスポクラシリーズを除けば、ザックス製だろうとオーリンズ製だろうとショーワ製だろうとみーんなスプリングは黄色・・・だから雑誌やネット上とかでサスを交換した車体を見かけても何だかカスタム感が無くて面白くない・・・ならばどんな色が・・・赤じゃない気がするし白、ペパーミントグリーン、紫・・・いや普通に黒に塗ってしまおう。(スプリングのパーツナンバーが書かれてる部分だけはそのまま残したけど、気になるなら黒の強粘着テープを貼ろう)

それに黄色に塗ったとしても自家塗装ではいずれ少しずつは剥げてしまうので、もちろん剥げた時にはタッチアップや再塗装することになるけど、淡色の黄色だとただ塗るだけはムラになるので下地を塗ったり色々と面倒ってこともある。その点、黒ならべた塗りでも目立たなくなってたいした手間もかからない。そして見えなくなる部分だが、本体上部のシルバーもパテで成形して塗装した。

(下右)オーリンズでもツインショックには存在するブラックスプリングは、シングルには設定が無いので新鮮な感じがする。ゴールドのサブタンクと漆黒のスプリングが醸し出す仏壇のような渋さ(縁起でもない 笑)。油圧プリロードの可動範囲が9mmだから、圧縮側に6mmあればたぶん問題ないだろうということで3mmほど抜いておいた。

まあセッティングに問題が出たらまた組み直せばいい話だから。
そしていよいよ次は車体へ取り付けることにしよう。

Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。