気が付けば半世紀 CT110☆DI化 その3 調整編
2013
09
09

CT110☆DI化 その3 調整編

パーツも揃い今日は午前中に少し時間があるので、さっさとセッティング。
何度もやってるからもうこれくらいは昼飯前(笑)それでは、MJもPJもそれぞれ5番ずつ上げてから始めよう。

DSCN5707.jpg久しぶりに取り外して見るキャブの全体像、だいぶ汚れてきたな・・・パーツクリーナーでサッと流してシリコンスプレーを塗っておいた。

エンジン始動で暖気も終わり、アクセルを煽ってみると少しグズつく・・・エアーを3回転・・・まだちょと濃い感じ・・・PJを1つ落とし(ミクニの小径用は2.5番刻み)エアーは2回転で落ち着いたので更に半回転程度。軽く走ってみて、MJも1つ落としてみたがあまり変わらないので元に戻す、これから寒くなるのに合わせてちょっと濃いめにしておくか。

それでは試走へ出てみよう。
昨日ドカで走った道をまたCTで走ると少々物足りない気もするが、元々はCTに合わせて考えた試走ルートなのでこっちの方が断然走ってて気持ちは良い。

去年、キャブを交換したあたりからの目的だったエンジンの中低速から中高速域のトルクが、更に強くなってるのを感じる。レスポンスが良くなり、一発一発の爆発力が上がって今まで3thと4thを切り替えながら走っていた場所のいくつかは4thのままで、ドドドドと単気筒らしい乗り味も感じられるようになった(105ccにしてはだけど 笑)。

セッティング前に感じたエンジンの伸びもよりハッキリと体感でき、2nd,3thはもちろん最高速もわずかだが速くなった。わずかとは言ってもそこまで達する力強さがアップしてるので、体感的にはもっと速くなった印象。メインジェットは大きくなっても、今までより少ないアクセル開度で走って行けるので燃費も良くなりそうだ。

中古品再利用でも少しの費用でこれだけの効果があるのだから、強化コイルやレーシングコイルが欲しいけど価格的にちょっと・・・と思ってる人にも是非おすすめします。もちろん、その時にはキャブセッティングもする事になるけど、たとえノーマルのままでのDI化でもやる価値はあると思います。


MJ:92.5 PJ:30.0 AS:2回転半 MJN:4段目
帰宅後、まだ少し時間があったのでプラグとオイルも交換した。

追伸:9月に入った途端に涼しい日が続いたけど、考えてみたらまだ早いのでMJは結局90にしました。
    久しぶりに燃費も計測してみよう。

Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター