気が付けば半世紀 グリップヒーター☆その他
--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016
03
10

グリップヒーター☆その他

昨年末に発注したヒートデーモンがやっと届いた、品切れで入荷待ちだと最初から聞かされていたが、まさか2ヶ月以上も待たされることになるとは。。。
もうすでに山沿いの近所でも梅の花が満開である(笑)。
しかし、保証期間が購入後半年とされているので、これからあまり使う機会は少ないかもしれないが、さっそく取り付けておく。

(上左)一般的なグリップヒーターは、ラバー製のグリップの中に電熱線が入っているが、ヒートデーモンはハンドル自体にセットするタイプなので、好きなグリップがそのまま使える。
このセットには数種類があり、ハンドルの中にヒーターユニットを取り付けるのもあるが、Foggyのハンドルバーはアルミパイプなので内部が細く、ヒーターパネルをハンドルへ貼り付けるタイプになる。

(上右)作業途中で撮影するの忘れた(笑)。
ヒーターに繋がってるコードを下側に出すのが推奨だと取説には書いてあったが、余計なコードが外側にあると邪魔なので、ハンドルスイッチに小さな穴を開けて中を貫通させた。

(下左)スロットルにリブがあるならリブを削って平らにしろとされてるので、カッターで軽く削ってヤスリがけ(リブがあると凹凸面でヒーターが断線するからかな?)
そして同じようにヒーターを貼り付け、こちら側はスロットル操作があるので推奨通り上側にコードを出した。

(下右)これがヒートデーモンを選んだ理由と言ってもいい、前々から気になっていた左側のスイッチとミラーホルダーの隙間にちょうど収まるコントロールユニット。
ポンプがハンドルに対して斜めになるセミラジアルタイプなので、これ以上スイッチ側に寄せられず何とも気になるスペースがこれでようやく埋まった。

電源を接続してテスト、グリップの下に取り付けるのでちゃんと実用温度まで上がるのか心配だったが、グリップを握っていればだんだん暖かくなるのは確認できた。
しかしここで時間切れ、ついでに小雨まで降り出したので試走もおあずけまた来週てことで終了。

Holder.jpgおまけ

上の画像でも登場してるけど(ごちゃごちゃしててよくワカランが 笑)スマホホルダーも取り付けてみた。
まあこれは遠出するときだけ付けて行くつもりだが、この位置でいいのかもまだ検討中ですな。

(左)デイトナのホルダーだが、基本はカウルステーに使ったミノウラが販売しているホルダーとほぼ同じ物。
違いは、コチラのほうが可動調整部が多くて取り付けに自由度がある。そのぶん高価でもあるが。。。

(右)スマホを取り付けるとこんな感じ、画像で見るほど大きくないので邪魔にはならない。

USB電源も一緒に買ったが、それも時間切れで取り付けできずまた次回。

車ですらナビなんていらんし、九州内を走るのなら地図さえいらん! とか強がっていたのも今は昔(笑)。
1度便利な物を覚えてしまうともうそれがあって当たり前だと思うようになるのは、バイクに限らず何でも同じかな。




Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。