気が付けば半世紀 豊後森☆機関庫
2016
03
29

豊後森☆機関庫

大分県玖珠町にある、豊後森駅。(画像は転車台跡)

玖珠町なのになぜ玖珠駅ではないのか?と聞かれがちだが、もともと江戸時代に豊後地方には八つの藩があり、その中でも一番小さい国が森藩と呼ばれた城下町だったのだ。

そこから時代が進んで森町となり、豊後の森町だから豊後森駅となった。そして統合が進んで玖珠町に吸収された今でも森地区として地名は残される。
ここにはSL時代の転車台が残され、豊後森機関庫として産業遺産とか有形文化財に指定されている。

しかし話の腰を折るわけではないが、実は日本各地にはまだ多くの転車台が現存しており、ここだけが特別ということでもない。
文化財に指定されたのはこの駅にまつわる歴史的価値を含んでのことであろう(と思う 笑)

DSCN6419.jpg
玖珠町と言えば、知る人ぞ知る(失礼な 笑)いや、ツーリング時の食事処として九州地方のバイク乗りの間ではけっこう有名な、お食事処・金太郎である。

たしか定休日は月曜日だと思ってきたのに、なんと今日は臨時休業!

まあ田舎ではこんなことも珍しくはないので、立ち寄りの際はちゃんと調べて行きましょうね(笑)

九州北部の中心付近にあるので熊本側からも福岡側からも大分側からも、ちょうどいい食事と休憩場所になるのだね。

今度はちゃんと調べて行こう(笑)

Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター