気が付けば半世紀 ホイール☆交換
--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016
09
14

ホイール☆交換

Panda 100HPのホイールインセットは30mm、FFにしてはだいぶ少ない量だが、インセットを小さくしてトレッド幅を稼ごうとしたのかな。
なので一般的なFF車サイズでは微妙だから、選んだのは先々代あたりのマツダ・ロードスター用として販売されたインセットが33の物。
型番だとRG359、もうすでに生産されていないホイールだ。
実はこのホイール、アルファにオプションだった時期があり、それはRG359Aという専用品でPCDが98、インセットが35となっている。
もちろんそれも生産が終わっているので探すのが大変で、1セットだけ見つかったのだけど中古ホイールとしてはけっこういい値段がしてたので見送った。。。

しかしハブ径やインセットが合っていれば、OZ等でオプション設定されているスライドボルトでPCDが数ミリの差は問題なく使えるので、アルファ用の半額以下の価格で少し傷がある物を見つけてきた。

BBS1.jpg(上左)小さなガリ傷が所々にある。。。

(上右)アルミパテで埋めてサンディング、そして同色系のタッチアップでちょこちょこと塗っていくと、だんだんとわからなくなる。

そこそこ走ってる中古車に取り付けるのだから、ホイールだけ無駄にピカピカしてるのはむしろ恥ずかしいではないか(笑)。

(下左)せっかく、ガリ傷やら飛び石傷を修復したので、汚れ防止でコーティングしておいた。
しかしまあ、欧州車はブレーキダストが酷いのですぐに黒くなってしまうだろうけど。。。

(下右)日本国内ではなかなか見つからないBBS純正のFIAT/Alfa用のハブリング、仕方がないのでeBayで購入。
さすがに専用品、リングバネで押さえ込んだらピッタリはまり込んで動かない。

結局、タイヤはそのままでいくことにした。
考えてみれば現代のタイヤ、いくらエコタイヤと言えども、30年ほど前のピレリーP6辺りよりも性能はいいはずだろう(たぶん 笑)

BBS2.jpg(上左)天気が悪いので遠出はせず、とりあえず試走コースで具合を見る。

(上右)途中で、ぞろ目が出た!(笑)

(下左)いきなり汚してしまったので洗浄機で洗って気分転換。

(下右)純正ホイールもついでに洗ってしまっておこう。ルポから使ってる14インチのスタッドレスが摩耗したら次は15インチでもいいかな。。。

今度のホイールは鍛造で約4.8kgと軽量、純正は約8.3kgで重量差が3.5kgもあるのでバランスが心配だったが、前オーナーがサスペンションをKONIに交換されており、むしろ軽くなることでモッサリ感が消えて軽快になった感じだ。
乗り心地の悪化もなく、走り出す瞬間や低スピードからの停止が軽くて気持ちがいい。
今までの、何だか足がねばっこく動く感じはエコタイヤのせいだと思っていたが、タイヤは関係なかったみたいだ。

ひょっとしたら、前オーナーも軽量なホイールを使っており、それでおおよそセッティングされていて、売却時にノーマルホイールに戻しただけだったのかな。。。

でもまあこれでタイヤはこのままでも十分イケることがわかったので一安心。
ポテンザやらアドバンにするといくらになるかとか計算して悩んでいたのは何だったのか。。。

前者のルポではカップカーに合わせてOZを使っていたのに今度はBBSと、何だか国籍を無視したホイール選びをしているようだけど、今やどちらも日本で製造されているのだから、細かいことは気にすんなと。

そして車体を眺めていると、モヤモヤしたあのいつもの感じが頭にわいてきてまたいらんことの予感が。。。(笑)




Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。