気が付けば半世紀 CTで☆角島ツーリング
2016
12
03

CTで☆角島ツーリング

前にFoggyで角島まで走って何年になるだろうか。
予定を立ててても、天気が崩れたり、急用が入ったり、はたまた面倒に(おい!笑)になったりでなかなか行けなかったが、今年は特に4月の大地震の影響を長期に渡って引きずって、ほとんど遠くへは行けなかった。。。
もっとも地震後の復興はまだまだ時間のかかる問題ではあるが、いつまでもじっとはしていられない。

仕事柄、週末に休めることなんて1年でも滅多にないが、ツーリングになると話は別。
むしろ平日のほうが道路も観光地も込んでいなくてよいのだが、そうこう言ってるともう今年も終わってしまうではないか!
特に用事もなくて天気予報は上々、この日を外すと次は本当にいつになるかわからんぞ(笑)と出掛けることにした。

(上左)早朝から走り出し、やっとお日様が当たるようになった小石原の道の駅、気温5度くらいで駐車中の車の屋根はみんな白いが、これくらいなら山間部を時々バイク通勤している自分にはぜんぜん余裕。
さすがに土曜日だと他のバイクも数多く、みんな寒そうにしてた。

(上右)陽も高くなり気温も上がった和布刈神社、関門橋の真下は大勢の釣り人で賑わってる。
車で乗り付けてそのまま投げ釣り、けっこう大物が釣れるそうだ。

(下左)関門トンネル(原付2種は通行量20円!)を通り抜け、下関を過ぎると緩い山道が続く。そして山口名物(笑)の黄色いガードレール。
下関方面から来ると川棚温泉を通るルートが一般的だが、通行量が多いので少し先のルートで峠越えする。

(下右)角島の少し手前にある道の駅、豊北。ゆるキャラのほっくんだそうだ。
なんのことか?と思っていたが、沈む夕日と特産品のミカンを合わせて作られたキャラなのだという説明があった。
しかしここの道の駅、山口県内でもかなり評判は良いそうだが、入り口付近の浄化槽のニオイが気になる。
一応アンケートに書いておいたが、以前に来たときも臭っていたから改善する気は無いのかな。。。

IMG_1232-horz-vert.jpg(上左)角島を一望できる高台へ。さすが週末、車やバイクが集団で行列してる。。。
だがコッチは小型バイクなのでササッと抜けて撮影できた。

(上右)込んでる場所に長居は無用。角島大橋を渡り灯台の方へ。。。しかしこちらも大勢の観光客でごった返しているので、少し離れた場所で撮影だけして通り抜けた。

(下左)途中にある「小野小町」さんのお墓。今の時代まで語り継がれる絶世の美女!と言われる割には地味なお墓であるが、なんでも小野小町のお墓とされているものは全国に何ヶ所もあるそうだから、あまり深く考えない方がよいのだろう。

(下右)暗くなる前に帰り着きたかったので、帰りはどこへも寄らず一気にトンネルを抜けて英彦山の道の駅で軽い食事。
あと一頑張り。

結局は暗くなってから帰り着いたが、疲労感も特になく楽しい一日でした。
Foggyで行った時はまだ暑い時期だったし、北九州あたりの渋滞路でエンジンがグズりはじめてよっぽど辛かった。
my CTはある程度の長距離走を考慮してカスタムしてきたので、それを確認することができた。

往復約380km、総合燃費約46km/l、総合タイム約12時間

Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター