気が付けば半世紀 ハンドル☆乗車検証・分析
--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011
02
16

ハンドル☆乗車検証・分析

・取り付け時、ある程度調整してあったポジションも実際に走ってみると随分と感じが違って、かなり幅広くなった印象を受ける(体感では一気に10cmぐらい広がった感じが…いや今までが狭すぎたんだ…)

・少し低くなったハンドル位置や絞りが少なくなった影響はほとんど無い(数日で慣れる程度か…?)

・曲がったブレーキレバーが多少握りにくいので、とりあえず叩き伸ばせ。いや買えよ(笑)これは予備に

・問題は幅・・・映画『大脱走』でスティーブ・マックイーンが乗ってジャンプしていた、やたらにハンドルが広いバイクのイメージ(当社比)

・ZETAのハンドガードは大型バイクにも使えるサイズなので、このハンドルに取り付けるにもある程度の長さが必要になるワケで、そう単純に自分好みにカットする事はできない。

・それでも多少はカットできる余裕があるので、現物合わせでガードが取り付けられる範囲までカットして取り付け、後は乗りまくって体で慣れる事。

○以上 ・・・続きはネットで・・・
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。