気が付けば半世紀 ポジション調整☆バーライズ
2011
04
23

ポジション調整☆バーライズ

ハンドル交換後、数週間はそのまま乗っていたのだが位置が少し低いのが気になり始めた。たまに気が付くとちょい前傾姿勢で運転してたりで、腰がいたたたた…(笑)となる事もある。
ノーマルのハンドルとさほど高さは変わらないつもりだったが、やはりほんの少し下がったのと幅が広がったので、以前よりも腕が広がり上体が前へ持って行かれるみたいだ。

更にmyCTのタンクは日本仕様に交換してあるので、容量が数百cc増える事でタンクの高さも15mm程高くなっており、更に更にCTのシートはスーパーカブと同じく前が絞られている形状で、私の体重が軽いせいかしばらく乗っていると腰の位置が前へずれてしまうので、シート下ヒンジ部に10mmのゴム板を挟んで前部を少し持ち上げて調整してあり、結局はシート高自体が20mmくらい高くなっている。

以前は標準のハンドルよりも少し高さのある他車の物を使っていたので、たいして気にもせず運転できていたのだけど、考えてみたらその状態で乗っている期間が長くすっかりそのポジションに慣れてしまっていたんだな。。。

ハンドルブラケットごと交換しようとも考えたけど、もともとCT標準のブラケットはホンダ車の原付あたりのミニサイズと共通で、一般的な大きさの物より一回り小さい。それはHRCのクランプを使おうとした時に気付いたので、シルバーウィングの物を見付けて使っていた。中型車用のブラケットなら高さを調整できるパーツが何かあるはずと探してみたら、ちょうどいい感じでZETAのバーライズキットが使える事が分かったから19mmの方を導入。

それも実は3月の終わり頃やっていたのだけど、ZETAのキットのクランプ部はパッと見ただけではCT標準の物と変わらなく見えてしまうので、やはりHRCのを使おうと思ったまま…時はいつものようにただ流れ(笑)ネジを買ってくれば済むだけの話なのに今頃になってやっと交換終了。

形状はZETAの方が少し角張っているので違和感が気になるかと思ったが、取り付けてみるとよく見なければ気付かない。ポジション的にはもう少しハンドル位置が高くてもいいような気もするけど、ある程度の距離を乗っても腰は大丈夫だからこのままでいいだろう。予算的にキットの下部分だけを半額程度で売ってれば30mmも試してみたい気持ちもあるが。。。

Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター