気が付けば半世紀 Fブレーキアーム☆交換
2011
06
29

Fブレーキアーム☆交換

昔のミニバイクから乗っている人には、握力に比例してじわーっと効く小型の前輪ドラムブレーキは懐かしい手応えだと感じられるだろうが、効き味ではやはり最近の油圧ディスクにはかなわない。

もちろんそんなに速い速度が出る訳でもないので、この程度の制動力があればあまり不自由は感じないが、もう少し軽いタッチでも同じ感じで止まってくれれば楽だなと思い、少し長いブレーキアームを使ってるホンダのオフロード車を探してみたけど、CTに使われている物は昔のXLシリーズに使われているのとほぼ同じ長さ(中には部品番号まで同じ車種もある)なので交換する意味があまりなく、それでは他社の物でと考えてもシャフトの太さが合うかどうかまで調べるのも面倒だったのでそのまま放っておいたけど、ホンダの前輪ドラムはTLシリーズもあったじゃないかと思い出して調べてみた。

CTにも使えそうな物は、初期TLは見付けるのが大変そうだから外して基本的に2種類、TL125&TLR200用かTLM200&TLR250用、TLM220以降はディスクになっている。長さで言うと後者の方が15mmほど長いので、純正部品を当たってみたら既に廃盤。。。しかしちょうどTLM200の中古パーツが見つかったので助かった。(アームだけでよかったのにパネルごと持って行けと…使う人がいたらタダでやるよ 笑)

後はいつものように磨いて取り付け調節して完成と、ほとんど誰も気付かないシリーズ(笑)。TLシリーズのアームはアルミ合金の鍛造製なので軽くて見た目もよくなった。ワイヤーの取り回しが少し曲がってしまったけどこの程度なら許容範囲だろう。。。結果的には、今までより軽い握力で効くようになったからちゃんと効果はありました。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター