気が付けば半世紀 どれどれ乗ってみるか
--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011
07
08

どれどれ乗ってみるか

午前中にちらほらと晴れ間も見え始めたのでいそいそと作業に入る。少しでも空き時間を見計らって乗らないとまたいつもの梅雨空に逆戻りしてしまいそうだ。

(上左)並べた3本、上からKYB、ノーマル、YSSである。長さはYSSだけが他より20mm長い350mm、しかし車高調式なので問題は無い。

(上右)YSSに交換してもう数千km走っているので、標準の乗り心地を思い出すために(標準仕様を基本にして考えた方が比較しやすいかな)一端ノーマルサスで乗ってみる事にして、調整の目安にするのに自分が乗車した状態の高さを計っておく。

(下左)幹線道路を走っている時には、ノーマルサスでもそんなに悪くないんじゃないか?と思ったが、田舎道に入って段差を越えた途端にガツンとした突き上げ感が蘇る。ああ、これがあるから交換しようと思ったのだったな。。。だんだん距離を伸ばすにつれ、路面のうねりや細かい上下の段差もゴツゴツと拾っている事が分かる。。。しかし色んな所に行く使い方ではなくて、普通に街中を走ってたり低速でのんびりと乗る分には、そんなに問題にはならないんじゃないかな。でももう他のサスに慣れた今では、疲れてしまうからこれで長距離を走ろうとは思わないけど・・・

(下右)MGS-T取り付け、とりあえずダンピングは最弱に、イニシャルを一応ノーマルと同じ高さに合わせたら2段目になった。後はある程度の距離を実際に走ってみながら調整していこう。

1310128263181L.jpg(上左)倒立に取り付けるとチェーンケースに当たるからと、CTではほとんど正立として使われているが、それではチェーンケースを交換している人はどうして倒立で使わないの?と思っていた謎が解けた(それほど大げさな話じゃないけど 笑)よーするに、倒立で使おうとすればスイングアームに当たってしまうんだな。。。これじゃスイングアームを加工したり交換するしかない。

ある程度の距離を走らないと比較にならないので、天気の具合を見ながら本格的に降り出したらカッパ着て戻って来ればいいかと軽い気持ちで走り出す。

走り始めて幹線道路、YSSより少しバネが柔らかいが乗り心地はあまり変わらないなってのが第一印象、そして山沿いの道に入って色々試してみる。少し段差のあるコーナーに速めに飛び込むと、半分くらい沈んだ位置からも先に更にグッと弾力があって安定している。YSSのダンピングもそんなに悪くは無いけど、これを体感するとちょっと腰砕けに感じるぐらいにダンピング制御は一歩上を行っている。

(上右)ついでに不整路も走ってみる。あ、これは明らかに違う。。。後輪が落ち着いててほとんど跳ね返りがない。段差に当たった時のYSSがコクって感じなら、KYBはフワって感じだ。途中でダンピング調整を一つ上げてまた走ってみると、YSSと同じ感じになった。。。やっぱり自分の体重なら最弱でいいんじゃないか。。。

(下左)途中パラパラと小雨に降られながらも何とか天気がもってるから、調子に乗ってこんな所まで来てしまった。。。これじゃほとんど日帰りツーリングだ(笑)スピードを上げるとイニシャルは3段目がいい、ダンパーは最弱のままでいいな。もっと走り込めばまた印象も変わるだろう。

(下右)ありゃりゃ、マフラーと接触して塗装が剥げてるべ。。。そのうちタンク側を前にしよう。

簡単に感想を書くなら、YSSもそんなに悪くは無いがKYBが更に一歩も二歩も上を行くのだ。でもまあ販売価格を考えてみれば当たり前の話なんだけど。。。これからしばらくはKYBを使ってみる事にしよう、タンク別体型のMGS-Tではなくて一体型のMGSと比較したらまた違う感想だっただろう。
しかしMGS-Tでもこのぐらい良いのに、更に上を行くというCT専用サスはどんなものなんだろう。。。興味はあるが予算がない(笑)
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

気が付けば半世紀

プロフィール


最新記事


カテゴリ


リンク


カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。